ルーン文字の復権Rune revival

象形文字が中国の観光地で生き残っているPictographs survive in a Chinese tourist town

だが地元住民は、標準中国語を使わなければ文明人にはなれないと言い聞かされている

2020/10/10

China

10月1日から始まった国民の休日「ゴールデンウィーク」の最中、何十万人もの観光客が、中国南西部雲南省にある美しい歴史の街、麗江(れいこう/リージャン)に押し寄せた。その数ある魅力の1つが、街中の道路標識や商店(スターバックスも例外ではない)の看板の漢字の下に描かれている様々な絵文字(象形文字)だ。これはドンバ(東巴)絵文字といい、この地方に古来から住んでいる少数民族のナシ族が代々伝えてきた古代の書...

PAGE TOP