日本の企業買収Takeovers in Japan

名ばかりの敵対Hostility, of sorts

日本における企業買収は、改革の遅れを浮き彫りにしている

2007/12/22

Business

他の国ではニュースにさえならないだろう。しかし12月13日に行われた取引は、ちょっとした話題になった。東京証券取引所の上場企業に対する、初めての敵対的買収が成功したのだ。取引そのものは、何の変哲もないものだ。実際に敵対的買収だったのか、本当に初めてのケースなのかは、議論の余地がある。この1件は、日本式資本主義は変化しつつあるが、西欧の目から見ると、まだまだ先が長いことを浮き彫りにしている。この取引の...

PAGE TOP